過払い金請求の無料相談は弁護士、司法書士へ

支払いすぎていませんか?お金を取り戻すための行動を

和歌山県における過払い金請求について説明します

家庭でも事業でも収入等の資産に応じた経済活動を行うことで借金を抱えないことが、日本社会では奨励されています。しかし、不意の出費が重なる場合や緊急に保有している以上の資金を用意しなければ経済活動を継続できない場合等には、一時的な借金を行うことは止むを得ない事態と言えます。

社会的な必要性から、希望者に対して相応の資金を融通するために、数多くの金融機関が営業していて貸金業務を行っています。金融機関は貸金業務で利益を得るために一定の利息を付ける権利がありますが、日本では利息制限法と言う法律で上限利率が定められています。

ところが、出資法と言う別の法律では異なる利率が定められていたため、二つの法律間の金利差はグレーゾーン金利として扱われていました。結果的に違法として扱われるようになったグレーゾーン金利で不当に払い過ぎた金銭が過払い金で、現在では過払い金請求をすることで返還を受けることが可能です。

特に、長年に亘ったグレーゾーン金利が定着していた時期に利息を支払っていた場合には、現在は既に完済していても貸金業者に対して過払い金請求をすることで金銭を取り戻せる可能性があります。しかし、法律に関する解釈論による請求問題なので、適切な手順で過払い金請求を行わなければ十分な返還を受けることができない場合がありますから、司法書士や弁護士等の専門家に依頼することが一般的です。

ところで、和歌山県は伝統的に梅や蜜柑の名産地として全国的に知られています。その他にも数多くの農産物を生産している一方で、太平洋の黒潮に面している地形的特徴から漁業も広く行われている産業です。

ただし、現在の和歌山県を特徴付けるこれらの産業は構造的に高齢層の従事者が多くなっている近年、日本の少子化社会においては他の地方都市同様に県庁所在地である和歌山市以外の過疎化が進行していますから、今後の対策が強く望まれています。

過払い金請求は全国的な需要がありますが、専門家である弁護士や司法書士等は各地の政治的、及び経済的中心地で業務を行っていることが一般的です。従って、和歌山県において過払い金請求を行う際の相談先は、和歌山市内が最も選択肢が多いことが実情です。

勿論、和歌山県内の各地で法律相談を業務に行っている専門家は数多くいますし、過払い金請求を得意としている専門家が身近にいる可能性もあります。そのため、複数の専門家に相談して、最適な依頼先を探すことが大切です。

過払い金請求に強い事務所

樋口法律事務所

樋口法律事務所

アットホームな対応で相談にのってくれると...

RESTA法律事務所

RESTA法律事務所

無料相談を回数関係なくできることが...

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

成功報酬が16%〜と非常に低く設定されている...

↑ PAGE TOP