過払い金請求の無料相談は弁護士、司法書士へ

支払いすぎていませんか?お金を取り戻すための行動を

京都で過払い金請求をする時の注意点

過払い金請求をするためには、お金を借りていた消費者金融に対して、直接交渉をすることが必要になります。消費者金融と交渉するためには、専門的な法律知識が必要になるため、全くの素人が自分自身で過払い金請求をすることは非常に難しいです。

京都で過払い金請求をするには、京都の弁護士や司法書士に依頼することが必要です。しかし京都の弁護士や司法書士の全てが過払い金請求を得意としているわけではありません。弁護士や司法書士には得意としている専門分野があり、交通事故の問題の解決を得意としている弁護士や、会社の設立を得意としている司法書士など、得意としている専門分野は事務所によって違いがあります。

過払い金請求を得意としていない弁護士や司法書士に頼んだ場合は、過払い金を回収できないことがあるので、十分な注意が必要です。過払い金請求が得意な弁護士や司法書士は、借金に関する問題を専門に取り扱っている弁護士や司法書士です。

過払い金の返還請求を依頼する際には、このような専門家に依頼することが必要になります。弁護士や司法書士に仕事を依頼する際には、報酬の支払い義務が生じますが、弁護士や司法書士の報酬は事務所によって異なります。

事務所の中には相場よりも高めの報酬を設定している場合がありますので、事前に報酬を確認しておくことが大切です。過払い金の返還請求の相場は、回収した過払い金の20パーセント前後ですので、これが一つの目安になります。弁護士や司法書士に過払い金の返還請求をしても、過払い金を回収できないケースがいくつかあります。

借金をしていた消費者金融の会社が倒産して存在しない場合には、過払い金の返還請求をすることができません。2010年には日本を代表する大手の消費者金融の会社が倒産しましたので、過払い金の返還請求は業者が倒産するまでに、できるだけ速やかに行わなければなりません。

過払い金の返還請求には時効がありますので、時効になってしまっている場合には過払い金は戻ってきません。過払い金の時効は、最後の支払いを行ってから10年ですので、10年以上前に借金を完済した人は過払い金は取り戻せないので注意が必要です。

このように過払い金の返還請求には時効があるため、以前に消費者金融からお金を借りたことがある人は、できるだけ早く弁護士や司法書士に相談することが必要です。京都には相談料は無料で過払い金の相談に応じてくれる事務所も多いので、気軽に弁護士や司法書士に相談できます。

過払い金請求に強い事務所

樋口法律事務所

樋口法律事務所

アットホームな対応で相談にのってくれると...

RESTA法律事務所

RESTA法律事務所

無料相談を回数関係なくできることが...

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

成功報酬が16%〜と非常に低く設定されている...

↑ PAGE TOP