過払い金請求の無料相談は弁護士、司法書士へ

支払いすぎていませんか?お金を取り戻すための行動を

熊本での過払い金請求について

熊本県は九州でも大きな都市です。熊本県で有名なものとしてはさまざまありますがトマトやイチゴなどの農産物やラ−メンなども有名です。熊本県の状況としては熊本市を中心としてほかの菊池市や玉名市などがあります。

熊本県でも過払い金の問題を解決することができる司法書士事務所はたくさんあります。また全国展開している司法書士事務所も多くあるためこういった事務所に依頼することもひとつの方法です。

そもそも過払い金請求とは何なのかというと、借入金の利率の上限を定めた法律を原因として生じているものです。それは利息制限法と出資法です。出資法とは29.3パ−セントを上限として定めています。

そしてもうひとつの法律として利息制限法があります。利息制限法の方が出資法に比べると利率は低く定められています。そしていままでは出資法に基づく利息も適正であると考えられその利率の上限である29.2パ−セントまでは認められると考えられていました。

しかしある裁判において最高裁は利息制限法による利率を超える利息は無効であるという判断を行ったため今まで出資法に基づいて利息を払い続けた人は過払いの状態になります。これが過払い金請求の原因となるものです。

これらの利率で貸出を行っていたのが消費者金融やクレジットカ−ドであるためこれらの利用者もしくは利用したことがある人に多くの呼びかけがなされています。またその際に一般の人がすべての手続きを行うことは困難であるため司法書士などの専門家に依頼することが多くなっています。

また人によっては長年返済を続けていたため利息制限法で計算しなおすともうすでに返済が終わっていたということもあるため現在非常に多くの人が過払い金請求を行っています。

また最近では利息制限法による利息の計算を命じた判決が出てから10年近く経過しているためあらたな呼びかけもされています。その理由は民法において債権に定められている時効が10年だからです。

この内容は債権を持っている人はその相手方に対して請求することができます。ただこの請求できる権利を10年間行使しないことによって時効により消滅することが規定されています。ここでいつから時効の計算がはじまるのかというと最終の返済日から計算すると判決で出ています。

これが時効の起算点についてです。したがってもし最終の返済日から10年を経過している場合は過払い金請求の権利が消滅する可能性があるということになります。

過払い金請求に強い事務所

樋口法律事務所

樋口法律事務所

アットホームな対応で相談にのってくれると...

RESTA法律事務所

RESTA法律事務所

無料相談を回数関係なくできることが...

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

成功報酬が16%〜と非常に低く設定されている...

↑ PAGE TOP