債務整理の無料相談は弁護士、司法書士へ

支払いすぎていませんか?お金を取り戻すための行動を
トップページ » 過払い金請求をする際

過払い金請求をする際に気をつける事

■法律事務所によって計算方法が異なる
キャッシングなどでお金を借りた場合、キャンペーンなどでも無い限り、ほぼ確実に利息が発生します。 借りた人は、例えば月々の返済金の中に、利息が入っていますので、返済金の一部は借金ではなく、利息の支払いに充てられていることになります。

例えば10万円借りて、月1万円を10カ月返済すれば、完済するということにはなりません。月1万円返済しているつもりでも、内訳は返済分+利息分ということになるのです。

この利息には、法律で定められた制限があり、それを越えた利率で利息を支払った場合、利息の払いすぎということになります。もしこの利息の払いすぎが判明した時点で、元本が残っていると、そちらの返済に充てられることになっています。

そして、正しい利率で計算し直した結果、元本返済がすでに終了していて、かつ利息の払いすぎが起きているものを、過払い金と言います。この過払い金は、業者に返金請求することができます。これを、過払い請求と言うのです。

この過払い請求は、手続が煩雑な上に、請求の計算の仕方によって、返還されるお金の額が変わってきてしまうため、弁護士や司法書士に依頼することがほとんどです。報酬は過払い金の何パーセントなどと決まっています。また、弁護士や司法書士によって、その事務所の方針で業者に有利な計算方法を取っているところと、過払い金返還請求者に有利な計算方法を取っているところと、いろいろありますので、依頼する前に事前に良く調べておく必要があります。

過払い金請求に強い事務所

樋口法律事務所

樋口法律事務所

アットホームな対応で相談にのってくれると...

RESTA法律事務所

RESTA法律事務所

無料相談を回数関係なくできることが...

アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

成功報酬が16%〜と非常に低く設定されている...

↑ PAGE TOP